水澤 優理さんの写真
複合材事業部 生産1課
水澤 優理

やることは決められているけれどやり方は任されている、自由度の高い中で仕事ができるのが面白いです。

吉田町出身で、県内の大学に進学し理学部物理学科で物理学を学んでいました。 私は理系で実験をしていたので、製品ができたり自分が考えてものを作るのが良いなということで、 就活の軸を「静岡県内でものづくりのできる会社」としていました。 しかし、理学部でまわりの人がほとんど大学院に行く中で、 就職のことで相談できる人があまりいませんでした。 そんな中、サカイ産業の人事の方が親身になって就活の相談に乗ってくれました。 すごく好印象で、サカイ産業に入社を決めました。

私は入社3年目になりますが、入社以来ずっと現場で仕事をしていて、 今は検査や仕上げなど、ものづくりの最後の工程をメインに担当しています。 具体的には、製品の寸法が公差内に入っているか、 外観の基準があればそれを満たしているか等の検査を行います。 また、製品の汚れを溶剤で拭きとり綺麗にしたり 角が立っているものをお客様がけがをしないように面取りをしたり等の仕上げ作業を行っています。 大きい製品に関わっている人は最初の材料の準備から最後の検査まで1人で行いますが、 私は単発でくる細々した製品の検査と仕上げがメインです。

水澤 優理さんの仕事風景

自由度の高い中で仕事ができるのはとても面白いです。 やることは決められているけれどもやり方は任されている感じなので、 作業のやり方を自分で考えることも出来ますし、 仕事改善を前向きに受け入れる環境なので工夫のし甲斐があり、 仕事していて楽しいです。

印象に残っている仕事は、1年目に大阪出張をしたことです。 初めてお客様の所へ行ったのでとても緊張しました。長く付き合いのあるお客様で、 今までと少し違うタイプの製品を扱うということで、 OJTで勉強して帰ってくる目的の出張でした。OJTのあと、 私の工程は私が基準になり、私が先輩社員を含めてみんなに教える立場になったので、そこは大変でした。

サカイ産業は、みんなが仲の良い会社だと思います。 社員でBBQに行ったり、飲みに行ったり、遊びに行ったりということも多いです。 みんなフレンドリーで、新入社員の時も先輩が話しかけたりしてくれました。 新しい人を受け入れる雰囲気がすごくある会社だと思います。