鈴木 良弘さんの写真
複合材事業部 生産1課 主任
鈴木 良弘

サカイ産業は、地元密着型の地元を愛している会社、地域から世界に発信している会社だと思います

島田市の出身で、市内の工業高校を出たのち入社しました。 島田市内で就職先を探していて、プラスチックや機械を扱い手に職をつけたいとサカイ産業が第一希望でした。 高校は機械科で、今の仕事に直接は関わっていないですが、製図などで役に立っているところもあります。 製図は苦手ですけど(笑)。

入社して最初は違う部署に配属されていたのですが、 3か月くらいで複合材事業部の案件が忙しくなり、 応援という形で異動して以来、複合材の生産で働いています。 生産1課では準備の段階から生産、 加工、出荷まで全ての工程を網羅しますが、 何十件何百件という案件があり、その中で車のバンパーやボンネット、 お風呂の浴槽など、身近に感じられるものを制作した際は、大きな達成感が得られました。 設計から会社でやり、型も作ってそこから製品を起こす、 という流れで作ったものがそのまま形として使われることもあります。

鈴木 良弘さんの仕事風景

主任という今の立場になってから、いかに人を動かしてついてきて貰うか、 という難しさに厚い壁を感じています。その中で、自分がこうして欲しいということに対して、 周りの人たちがついてきてくれる時は仕事をしていてすごく嬉しく、やっていて良かったなと感じます。 私のいる部署はチーム力があり、いざ困ったときは協力し合い大きな力を発揮する部署です

サカイ産業は、地元密着型で地元を愛している会社で、そこから世界に発信している会社だと思います。 地元出身の人が多く、元々は知らなくてどこかですれ違っていたかもしれない人とこうして仕事で一緒になり、 休みの日も一緒に遊んだりするのは凄く良いですね。 複合材事業部は良い意味で馬鹿になれる部署ですから、とても魅力のある部署です。